2013年10月31日

10月FOMCは現行政策を維持~当面は政府閉鎖の影響を注視

  土肥原 晋

文字サイズ

10月29・30日開催のFOMCでは、金融政策の変更はなく、前回同様に現行緩和策の中核である「資産購入策」と「ゼロ金利政策及びそのフォワードガイダンス」が決定された。FOMCは年8回開催されるが、今年開催された7回の会合で、昨年12月決定の現行緩和策を踏襲したことになる。また、注目度の高い資産購入の縮小(テーパリング)に関しては「労働市場が十分に回復するまで資産購入を続ける」とした前回声明文の文言を維持している。

経済情勢では、9月までの金利上昇の影響に加え、10月の政府閉鎖の景気への影響が懸念されており、市場の予想通りの結果と言えよう。今後は経済指標の動向を注視することとなるが、バーナンキ議長が6月記者会見で「年内に資産購入ペースを縮小、来年央に収束する」と表明したこともあり、次回12月開催のFOMCでの政策指針が注目される。

土肥原 晋

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【10月FOMCは現行政策を維持~当面は政府閉鎖の影響を注視】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

10月FOMCは現行政策を維持~当面は政府閉鎖の影響を注視のレポート Topへ