2013年10月30日

米8月住宅価格は前年比12.8%と上伸も、金利上昇による減速感は否めず

  土肥原 晋

文字サイズ

8月ケース・シラー20都市指数は、季節調整後で前月比0.9%と19ヵ月連続で上昇、前年比では12.8%の高い伸びとなった。一方、8月FHFA月例指数は前月比0.3%、前年比8.5%と上昇、前月から伸びを低下させたが前月比・前年比とも19ヵ月連続の上昇を見せた。

住宅価格の上昇が続いているものの、春先以降の前月比伸び率の鈍化傾向は否めず、住宅ローン金利上昇の影響が窺われる。当面、金利動向に左右される状況が続きそうだ。

土肥原 晋

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米8月住宅価格は前年比12.8%と上伸も、金利上昇による減速感は否めず】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米8月住宅価格は前年比12.8%と上伸も、金利上昇による減速感は否めずのレポート Topへ