2013年10月08日

年齢別の骨折部位と治療期間

保険研究部 准主任研究員   村松 容子

高齢者の医療・介護 保険計理 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

骨折は子ども時代と高齢期に多い。高齢期における骨折は、部位や骨折の状況によっては、介護を必要とする状態になるリスクや死亡率が高まるリスクなど多くのリスクを抱えていると言われている。

高齢期の骨折と聞くと、65歳以上などいわゆる高齢者の骨折を想像しがちだが、特に女性は比較的若い頃から骨折が増え始める。そこで本稿では、性・年齢別に骨折の部位や治療期間がどの程度異なるのかを健康保険組合のデータを中心とするレセプトデータを使って紹介する。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
54_ext_01_0.jpg

保険研究部   准主任研究員

村松 容子 (むらまつ ようこ)

研究・専門分野
健康・医療

(2013年10月08日「基礎研レター」)

レポート

アクセスランキング

【年齢別の骨折部位と治療期間】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年齢別の骨折部位と治療期間のレポート Topへ