2013年10月03日

まだら模様ながら着実に改善が進む東京オフィス市況

金融研究部 不動産市場調査室長   竹内 一雅

文字サイズ

景気回復と需給環境の改善に伴い東京のオフィス市況は、Aクラスビルを中心に回復が明確となっている。東日本大震災後、テナントのビル選定基準が明確化され、ビル間の需要に格差が生じているため、オフィス投資ではこれまで以上に物件ごとの競争力の見極めが重要となる。

68_ext_01_0.jpg

金融研究部   不動産市場調査室長

竹内 一雅 (たけうち かずまさ)

研究・専門分野
不動産市場・投資分析

レポート

アクセスランキング

【まだら模様ながら着実に改善が進む東京オフィス市況】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

まだら模様ながら着実に改善が進む東京オフィス市況のレポート Topへ