2013年09月26日

米8月住宅販売:新築・中古とも増加するも、金利上昇への懸念持続

  土肥原 晋

米国経済 住宅販売・着工│米国 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

8月の米住宅販売は、前月比では新築一戸建て販売が前月比7.9%、中古販売が1.7%といずれも増加し、特に、中古販売では6年半ぶりの高水準へと続伸した。ただし、新築販売では前月の急落(同▲14.1%)分の半分を持ち直したに過ぎず、中古販売でも、統計上のラグにより新築販売に2ヵ月程度遅れて出てくる金利上昇の影響でピークアウトが懸念されている。

販売価格でも、新築では4月、中古では6月をピークに頭打ちの傾向が窺える。金利動向に敏感な住宅市場では、最近の金利上昇の影響への警戒が強く、今後のローン金利の動向次第では回復にブレーキがかかる可能性に留意しておきたい。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

土肥原 晋

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米8月住宅販売:新築・中古とも増加するも、金利上昇への懸念持続】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米8月住宅販売:新築・中古とも増加するも、金利上昇への懸念持続のレポート Topへ