2013年09月26日

年金によるPE投資拡大の期待 ~ 機関投資家が成長資金の供給源となれるか~

金融研究部 年金総合リサーチセンター 年金研究部長   德島 勝幸

文字サイズ

■要旨

長期資金である年金の運用対象として、上場株式のような従来の市場性ある有価証券以外に、流動性のやや劣るPrivate Equity(PE)投資が注目されはじめている。ファンドを通じて非上場企業の株式に投資するものであり、 成熟した上場企業への投資とは異なって、起業や企業再生といったステージの異なるリスクを抱えたものへの資金供給として注目されるカテゴリーである。欧米の年金では、実際に、ある程度の資金配分を行っている例も珍しくない。

本稿では、アベノミクスと異次元の金融緩和による影響を踏まえつつ、日本の年金運用におけるPE投資拡大の可能性について、留意点を踏まえながら検討する。PE投資は、低金利で運用難に苦しむ年金にとっても、資金ニーズのある非上場企業にとっても、また、日本経済全体の中期的な成長のためにも、意味のあるものとなることが期待される。

このレポートの関連カテゴリ

76_ext_01_0.jpg

金融研究部   年金総合リサーチセンター 年金研究部長

德島 勝幸 (とくしま かつゆき)

研究・専門分野
年金・債券・クレジット・ALM

レポート

アクセスランキング

【年金によるPE投資拡大の期待 ~ 機関投資家が成長資金の供給源となれるか~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年金によるPE投資拡大の期待 ~ 機関投資家が成長資金の供給源となれるか~のレポート Topへ