2013年09月24日

安定した需給バランスの継続が見込まれるバンコクのオフィス市場

金融研究部 主任研究員   増宮 守

文字サイズ

<要旨>

  • タイの首都で政治経済の中心地であるバンコクは、国内最大の都市であり、また、世界有数の国際都市でもある。バンコクのオフィスストックは大規模だが、ハイグレードなオフィスビルは少ない。主なオフィスエリアとしてサウスCBDとノースCBDがあり、サウスCBDのシーロム通りには古いビルが多く、サトーン通りには新しく大規模なビルが多い。また、ノースCBDはラマ1世通りとプルンチット通りを中心とする高級商業エリアであり、オフィス賃料も市内で最も高い。
  • これまで政情不安などから、賃料が伸び悩み、ビル建設もわずかという停滞したオフィス市場が続いてきたが、最近は新規供給が少ないことから賃料は上昇傾向にある。
  • 今後もオフィスビルの建設計画は限定的で、需給バランスが大きく崩れる可能性は小さい。CBDでの新規供給が少ない一方、スクンビット通りやラチャダビセーク通りで新たなオフィスエリアの形成が進むが、鉄道駅に隣接した立地に限定されている。
  • タイは外国資本規制が厳しく、海外企業の投資機会は現地不動産会社への株式投資や、現地企業と設立したJVへのマイナー出資などに限られており、今後のREIT市場拡大が待たれる。
77_ext_01_0.jpg

金融研究部   主任研究員

増宮 守 (ますみや まもる)

研究・専門分野
不動産市場・投資分析

(2013年09月24日「不動産投資レポート」)

レポート

アクセスランキング

【安定した需給バランスの継続が見込まれるバンコクのオフィス市場】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

安定した需給バランスの継続が見込まれるバンコクのオフィス市場のレポート Topへ