2013年09月18日

中国保険市場の最新動向(3)高額な入院費の負担をどうするか。-中国における官民共同の取り組み-

保険研究部 准主任研究員   片山 ゆき

文字サイズ

■要旨


中国政府は2008年から「健康中国2020」として、2020年までに国民の健康レベルを先進国レベルに引き上げることを目標に掲げている。

医療保険分野では公的医療保険制度の改革に加えて、地方政府と民間保険会社との連携も本格的に進められており、官民一体となった対策がとられている。

政府としては、特に、農村部住民及び都市の非就労者の高額な医療費部分の自己負担軽減を目指し、2012年8月から新たな取組みとして各地域と保険会社の連携を軸とした「大病医療保険制度」の導入を進めている。



53_ext_01_0.jpg

保険研究部   准主任研究員

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の保険・年金・社会保障制度

レポート

アクセスランキング

【中国保険市場の最新動向(3)高額な入院費の負担をどうするか。-中国における官民共同の取り組み-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国保険市場の最新動向(3)高額な入院費の負担をどうするか。-中国における官民共同の取り組み-のレポート Topへ