2013年09月12日

16歳からの介護保険-中国の「公的介護保険制度」に向けた新たな取組み-

保険研究部 准主任研究員   片山 ゆき

文字サイズ

■要旨

中国では公的介護保険制度は本格導入されていないが、地域によっては実験的な取組みが始まっている。山東省青島市では、昨年、施設や医療機関での長期療養、更に在宅での療養や介護に焦点を当てた制度が全国で初めて導入された。

本稿では青島市の制度の特徴的な仕組みについて、2000年からスタートしている日本の制度との比較をしながら考察する。

このレポートの関連カテゴリ

53_ext_01_0.jpg

保険研究部   准主任研究員

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の保険・年金・社会保障制度

レポート

アクセスランキング

【16歳からの介護保険-中国の「公的介護保険制度」に向けた新たな取組み-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

16歳からの介護保険-中国の「公的介護保険制度」に向けた新たな取組み-のレポート Topへ