2013年09月10日

欧州経済見通し-広がる緩やかな回復への期待と金融緩和の出口への警戒-

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

  1. ユーロ圏の成長率は4~6月期に7四半期ぶりのプラス成長となった。域内金融市場の緊張緩和と財政緊縮圧力の緩和、先進国経済の拡大などを背景に緩やかな回復が続くと期待される。13年は年初にかけての落ち込みが響き、年間でマイナス成長となるが、14年は0.9%と3年振りのプラス転化が見込まれる。
  2. 欧州中央銀行(ECB)は、7月に導入したフォワード・ガイダンスの通り、当面は超低金利政策を継続し、ユーロ圏経済の下支えを継続する見通しである。非標準的政策については自動的な縮小は容認、市場動向に応じて追加措置を講じるだろう。
  3. イギリス経済は、世界金融危機と国内の住宅バブル崩壊による景気の急激な落ち込みからの回復一巡後の一進一退の局面をようやく脱しつつある。13年の年間の成長率は1.1%、14年は1.8%に回復する見通しである。
  4. イングランド銀行(BOE)は、失業率7%を金融緩和の出口戦略開始の目処とするフォワード・ガイダンスを導入した。緩和縮小には慎重な姿勢を採る見通しである。



41016_ext_15_1.jpg
43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

(2013年09月10日「Weekly エコノミスト・レター」)

レポート

アクセスランキング

【欧州経済見通し-広がる緩やかな回復への期待と金融緩和の出口への警戒-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州経済見通し-広がる緩やかな回復への期待と金融緩和の出口への警戒-のレポート Topへ