2013年09月06日

9月ECB政策理事会:経済見通し上方修正も政策金利の下方バイアスは維持

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

欧州中央銀行(ECB)は、5日の9月政策理事会で7月に導入したフォワード・ガイダンスを確認し、政策金利を据え置いた。スタッフ経済見通しは僅かに上方修正されたが、緩やかなペースでの景気回復とインフレ圧力の抑制という見通しに変わりはなく、見通しのリスクも「下方」で据え置いた。

ECBのガイダンスにも関わらず、金利は上振れやすくなっていることから、ドラギ総裁は景気に対する慎重な判断を強調して、市場の過剰な反応を牽制した。過剰流動性の水準も「適正」とし、「必要に応じて行動する用意」があることも強調した。

ECBは2015年まで超低金利政策を継続する見通しである。

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

(2013年09月06日「経済・金融フラッシュ」)

レポート

アクセスランキング

【9月ECB政策理事会:経済見通し上方修正も政策金利の下方バイアスは維持】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

9月ECB政策理事会:経済見通し上方修正も政策金利の下方バイアスは維持のレポート Topへ