2013年09月04日

国内債券マーケットリスクの見方

金融研究部 チーフ債券ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任   千田 英明

文字サイズ

国内債券の主なリスク指標として、標準偏差とデュレーションがある。しかし、現在の国内債券マーケットを市場インデックスで見ると標準偏差のリスクは減少し、デュレーションのリスクは増加している。この相反する結果をどのように評価すべきか考察する。

70_ext_01_0.jpg

金融研究部   チーフ債券ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任

千田 英明 (ちだ ひであき)

研究・専門分野
運用手法開発(国内債券)、証券化商品

レポート

アクセスランキング

【国内債券マーケットリスクの見方】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

国内債券マーケットリスクの見方のレポート Topへ