2013年09月03日

年金改革ウォッチ:2013年9月 ~ポイント解説:年金記録問題の現状と今後の課題

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   中嶋 邦夫

文字サイズ

1 ―― 先月までの動き
 設置期限を迎えた社会保障制度改革国民会議は6日、報告書を首相に提出し、21日の臨時閣議においてプログラム法案の骨子が決定されました。法案は秋の臨時国会に提出される予定ですが、年金分野の検討課題については具体的な実施時期の明記がなく、引き続き社会保障審議会等で議論される見込みとなりました。

2 ―― ポイント解説:年金記録問題の現状と今後の課題
 先月2日に「年金個人情報の適正な管理のあり方に関する専門委員会」が開催され、今後の年金記録の訂正手続き等について議論が交わされました。最近は国民会議やプログラム法案に注目が集まっていますが、本稿では年金記録問題の現状と今後の課題を確認します。

このレポートの関連カテゴリ

52_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

中嶋 邦夫 (なかしま くにお)

研究・専門分野
公的年金財政、年金制度

レポート

アクセスランキング

【年金改革ウォッチ:2013年9月 ~ポイント解説:年金記録問題の現状と今後の課題】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年金改革ウォッチ:2013年9月 ~ポイント解説:年金記録問題の現状と今後の課題のレポート Topへ