2013年08月19日

中国経済:最近の住宅価格の動き ~7月は最高値更新も、可処分所得の伸び率とほぼ同スピードに減速

経済研究部 上席研究員   三尾 幸吉郎

文字サイズ

○8月18日に中国国家統計局は7月の住宅販売価格変動状況を発表した。2010年を基準とした指数は、7月も前月の水準を上回り、最高値を更新している。但し、上昇ピッチは今年3月をピークに鈍化傾向にあり、7月の上昇率は前月比0.72%上昇(年率換算8.9%上昇)で、都市住民一人あたり可処分所得の名目伸び率とほぼ同じスピードまで減速してきた。

○中国政府は引き続き投機的な動きを厳しく抑制すると見られるが、一部の地域では景気に配慮して1軒目の住宅取得支援を積極化する可能性もあり、今後の政策対応が注目される。

このレポートの関連カテゴリ

80_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

三尾 幸吉郎 (みお こうきちろう)

研究・専門分野
中国経済

レポート

アクセスランキング

【中国経済:最近の住宅価格の動き ~7月は最高値更新も、可処分所得の伸び率とほぼ同スピードに減速】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国経済:最近の住宅価格の動き ~7月は最高値更新も、可処分所得の伸び率とほぼ同スピードに減速のレポート Topへ