2013年08月16日

緩慢な成長続く米経済 ~包括改定でGDP規模は3%強拡大

  土肥原 晋

文字サイズ

<米国経済の概況>

  • 4-6月期GDPは1.7%と予想は上回ったものの低水準に留まる。1-3月期は1.1%へと下方修正されるなど年初以降の増税・歳出削減の影響は否めず、緩慢な成長が続いた。
  • 経済指標では強弱が混在する状況が続いている。住宅関連指標と自動車販売は概ね堅調であるが、いずれも金利上昇の影響が大きく今後の動向が注目される。また、7月ISM指数が急回復する中、鉱工業生産指数は横ばいに留まった。7月雇用者増はやや軟化、失業率は7.4%に低下したものの、FRBが資産購入縮小を開始するには力不足と思われる。

<GDP包括改定の影響>

  • GDP改定では実績値が直近4四半期に渡って下方修正された。2013年のGDPの市場予想平均は1%台に低下し、FRB等の見通しも引き下げられる可能性がある。
  • 算出方法の改定では、研究開発支出の設備投資組み入れ等でGDPが3%以上増大するなどかつてない規模の改定を実施。米国の得意とするエンターテイメント産業等のGDP組み入れにより、米国経済の規模的な優位性を高めよう。
40953_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

土肥原 晋

研究・専門分野

(2013年08月16日「Weekly エコノミスト・レター」)

レポート

アクセスランキング

【緩慢な成長続く米経済 ~包括改定でGDP規模は3%強拡大】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

緩慢な成長続く米経済 ~包括改定でGDP規模は3%強拡大のレポート Topへ