2013年08月13日

米国生保市場定点観測(5)米国の医療保険マーケット -医療保険加入状況およびM&Aで巨大化した医療保険特化会社-

保険研究部 主任研究員   松岡 博司

文字サイズ

ほとんどの米国民にとっては民間医療保険が唯一の医療保障獲得手段であるが、その医療保険マーケットは、ヘルスケアネットワークを有するグループの保険会社が圧倒的なシェアを持つ寡占的な市場となっている。こうした状況は、90年代から2000年代前半にかけ、一般の生保会社が団体医療保険から撤退する一方で、ヘルスケアグループが規模の拡大を指向してM&Aを活発に実施したことにより形成された。ヘルスケア改革本格実施が迫る米国の、医療保険マーケットの構造を見る。

51_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員

松岡 博司 (まつおか ひろし)

研究・専門分野
生保経営・生保制度(生保販売チャネル・バンカシュランス等、主に日本生命委託事項を中心とする研究)

レポート

アクセスランキング

【米国生保市場定点観測(5)米国の医療保険マーケット -医療保険加入状況およびM&Aで巨大化した医療保険特化会社-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国生保市場定点観測(5)米国の医療保険マーケット -医療保険加入状況およびM&Aで巨大化した医療保険特化会社-のレポート Topへ