2013年08月05日

日本株式市場のバブル局面を比較する

  遅澤 秀一

文字サイズ

日本株式市場ではバブル局面と言っても、1980年代末期(特に1989年1月から12月)とITバブル期(1999年4月から2000年3月)とではまったく異なる相場である。前者は小型低位株相場であり、後者は大型値嵩株相場であった。また、前者ではバリュー指標が有効であったが、後者は典型的なグロース相場だった。このようにバブル局面といっても中身が異なることもある以上、過去のバブル相場との類似性を安易に求めるのは危険である。

このレポートの関連カテゴリ

遅澤 秀一

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【日本株式市場のバブル局面を比較する】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日本株式市場のバブル局面を比較するのレポート Topへ