2013年08月05日

今後の10年国債金利を考える

京都大学経営管理大学院   川北 英隆

文字サイズ

4月、日本銀行が異次元の金融緩和政策を打ち出した直後、長期国債の金利が上昇した。これを異常ととらえるのか、正常ととらえるのか。金融市場において金利水準が自由に決定されているのであれば、長期金利の上昇は正常な現象だと結論できる。

京都大学経営管理大学院

川北 英隆

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【今後の10年国債金利を考える】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

今後の10年国債金利を考えるのレポート Topへ