2013年08月01日

【アジア新興経済レビュー】インド・インドネシアで通貨安懸念が強まる

研究員   高山 武士

文字サイズ

  1. (実体経済)
    7月のアジア新興国・経済の各種指標は、自動車販売台数がASEAN主要国を含めて弱い。生産指数では好調な国もあるが、6月に引き続き、内需が停滞しつつあるという懸念は払拭できてはいない。そのため、今後の月次指標や、4-6月期のGDPが注目される。
  2. (インフレ率)
    インフレ率は、インドネシアで目標値の上限を超えて推移しており、インフレ抑制が政府・中銀の大きな課題となっている。その他の国・地域では安定している。
  3. (金融政策)
    インドネシア中銀は6月に続き7月にも利上げを実施した。ルピア安が進行していることもあり、今回は上げ幅を0.50%と拡大させ、インフレ抑制、ルピア安抑制に積極的である姿勢を示した。その他の国・地域では、6月に続き様子見姿勢を続けている。
  4. (7月の注目ニュース)
    インドでルピー安懸念が高まっている。インド中銀は中銀の貸出金利を引き上げ、資金供給量を引き締めるなど、ルピー安抑制策を打ち出している。
  5. (8月の注目点)
    8月はASEANおよびインドで4-6月期のGDPが公表される。月次の指標では、ASEANを含めて弱く、内需の停滞が懸念されるため、経済全体の成長率がどの程度になったか確認するためにも注目される。

このレポートの関連カテゴリ

研究員

高山 武士 (たかやま たけし)

研究・専門分野
米国経済

レポート

アクセスランキング

【【アジア新興経済レビュー】インド・インドネシアで通貨安懸念が強まる】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

【アジア新興経済レビュー】インド・インドネシアで通貨安懸念が強まるのレポート Topへ