2013年08月01日

最近の人民元と今後の展開(2013年8月号)~現物は弱含み、基準値との乖離は縮小と予想する

経済研究部 上席研究員   三尾 幸吉郎

文字サイズ

○ 7月の対米国ドル人民元相場は、基準値がほぼ横ばい、現物実勢は基準値から0.4~0.8%程度元高・ドル安な水準で推移、相場の先行きを予測して動くNDFは基準値より2%前後元安・ドル高な水準で推移した。また、新興国通貨では韓国ウォンが堅調だったもののインドネシアルピアやブラジルレアルなどは下落、米国ドルに対して下落した通貨の方が多かった。

○ 8月の展開としては、基準値は物価の落ち着きや景気の減速を背景に、1米国ドル=6.18元前後で推移すると予想。一方、現物実勢は市場が金融市場混乱を警戒する中で、外国為替資金残高の増加が止まってきており、米中長期金利差も縮小に向かっていることから、基準値に鞘寄せする形で弱含みと予想している。

このレポートの関連カテゴリ

80_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

三尾 幸吉郎 (みお こうきちろう)

研究・専門分野
中国経済

レポート

アクセスランキング

【最近の人民元と今後の展開(2013年8月号)~現物は弱含み、基準値との乖離は縮小と予想する】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

最近の人民元と今後の展開(2013年8月号)~現物は弱含み、基準値との乖離は縮小と予想するのレポート Topへ