2013年07月30日

アジア主要国の生保市場動向 -2012年は堅調な伸びを記録。2013年以降もさらなる市場拡大の見込み。

保険研究部 兼 経済研究部 主席研究員 アジア部長 General Manager for Asia   平賀 富一

文字サイズ

■要旨


アジア主要国(11カ国・地域)の生保市場は、12年に、収入保険料(米ドルベース)が対前年5.3%増と堅調な伸びを記録した。その結果、市場規模は日本市場の約8割(80.3%)に達している。13年以降中期的にも、多くの国で先進諸国を上回るペースでの経済成長が継続し、富裕層・中間層の増加が見込まれること、人口動態(高齢化の進展度に国別の違いあり)といった環境変化・要因の中で生保市場の一層の拡大が見込まれている。



このレポートの関連カテゴリ

79_ext_01_0.jpg

保険研究部   兼 経済研究部 主席研究員 アジア部長 General Manager for Asia

平賀 富一 (ひらが とみかず)

研究・専門分野
国際経営・国際経済(アジア地域を主とする)・国際人的資源管理

(2013年07月30日「保険・年金フォーカス」)

レポート

アクセスランキング

【アジア主要国の生保市場動向 -2012年は堅調な伸びを記録。2013年以降もさらなる市場拡大の見込み。】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

アジア主要国の生保市場動向 -2012年は堅調な伸びを記録。2013年以降もさらなる市場拡大の見込み。のレポート Topへ