2013年07月26日

イールドカーブの形状から探る各国中央銀行の利上げ時期

  伊藤 拓之

文字サイズ

■要旨

イールドカーブの形状(フォワードレート)を観測することで、市場参加者が考えている将来の金利動向を観測することができる。各国(日米独英)の金融政策と絡めながら、各国中央銀行の利上げ時期について分析した。その結果、日本では「量的・質的金融緩和」がなされているが、市場参加者はインフレ率2%の実現には懐疑的であることがうかがえた。米国では直近ではフォワードレートが示す金利上昇時期が早まり、量的金融緩和の早期終了懸念と整合的であった。欧州では時間軸政策にもかかわらず、金利の上昇時期が早まっていることが観測された。

このレポートの関連カテゴリ

伊藤 拓之

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【イールドカーブの形状から探る各国中央銀行の利上げ時期】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

イールドカーブの形状から探る各国中央銀行の利上げ時期のレポート Topへ