2013年07月16日

対照的なエリア形成が進むホーチミンシティとハノイのオフィス市場

金融研究部 主任研究員   増宮 守

文字サイズ

<要旨>

  • ベトナムは南北に長い国土を有し、経済の中心である南部のホーチミンシティと、行政の中心である北部のハノイが2大都市としてそれぞれ形態の異なるオフィスエリアを形成している。経済成長の進展に伴い、両都市共に今後のオフィス市場の拡大が予想される。
  • ホーチミンシティは経済の中心でありベトナム最大の都市である。市中心部にオフィス、商業、観光エリアが集中しており、狭いエリアの中でも通りや各ビルのブランド価値により賃料格差がみられる。今後、多数のビル開発計画があり、自動車の普及、都市鉄道網の建設などがオフィスエリアに大きく影響する。
  • 一方、ハノイでは、中心部のホアンキエム地区から周辺部の西部地区にまでオフィスエリアが拡散している。中心部でも大規模ビルが少なくオフィス集積は限られ、商業、観光エリアもやや離れている。また、広大な西部地区には超高層ビルが散在しており、今後も多数のビル開発が計画されている。
  • ベトナムのオフィス市場では、都市鉄道網の建設が進むにつれて日本企業の事業機会が増加するとみられる。将来のエリア評価の不透明性といった国内市場との違いを十分に理解し、ノウハウや知見を有効に活用することが期待される。
77_ext_01_0.jpg

金融研究部   主任研究員

増宮 守 (ますみや まもる)

研究・専門分野
不動産市場・投資分析

(2013年07月16日「不動産投資レポート」)

レポート

アクセスランキング

【対照的なエリア形成が進むホーチミンシティとハノイのオフィス市場】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

対照的なエリア形成が進むホーチミンシティとハノイのオフィス市場のレポート Topへ