2013年07月12日

暮らしの保健室 -高齢者の困りごとをサロン的雰囲気ですくい上げる

  山梨 恵子

文字サイズ

■要旨

高齢者の暮らしを支えるさまざまな社会資源。それは、提供者主体の支援にとどまらず、高齢者の暮らしに生きがいを見出したり、人と人とを繋いだりしながら、個別の人を支える本人主体のアプローチであったりもする。地域包括ケアが目指される今日、これらの社会資源に共通して求められることは、加齢とともに生じてくる生活上の課題や心身の変化にいち早く気づき、個別のニーズをすくい上げていくことだ。そして、それらが網の目のようにつながりながら、本人が真に必要とする支援への道筋を確保することも大切な取組みになるだろう。たとえ、一人の人が繋がっている場所が1つであっても、そこが地域ネットワークへの入り口でありさえすれば、それぞれの強みを生かしたトータルサポートを実現することは、それほど難しいことでないのではないのかもしれない。本稿は、このような視点から、従来にない新たな発想で地域住民の保健・福祉に取り組む実践現場を紹介したい。

山梨 恵子

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【暮らしの保健室 -高齢者の困りごとをサロン的雰囲気ですくい上げる】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

暮らしの保健室 -高齢者の困りごとをサロン的雰囲気ですくい上げるのレポート Topへ