2013年07月11日

消費者調査にみる医療保険に関する誤情報 ~医療保険に関するクイズ正答率の分析

保険研究部 研究員   村松 容子

文字サイズ

■要旨

医療保険は消費者からの関心が高く、初めて加入する生命保険商品が医療保険である人も少なくない。しかし、死亡保障商品等と比べると仕組みが複雑で、商品によって保障内容が大きく異なるためか、商品に対する誤解も多いようである。

本稿では、ニッセイ基礎研究所で実施している「生命保険マーケット調査(2011年度) 」の医療保険に対するクイズへの回答結果を使って、医療保険に対する誤解の状況を分析する。利用したクイズは、
(1) 療保険やガン保険などでは、病気の種類や病状によっては、保険金・給付金が受取れない場合がある
(2) ガン保険に加入しても当初の3ヶ月間はガンと診断されても保険金・給付金が受取れない
(3) 一度入院して給付金を受取ると、その後は保険料が上がる
(4) 複数の会社の医療保険に加入していても1社からしか給付は受けられない
の4問である。

このレポートの関連カテゴリ

54_ext_01_0.jpg

保険研究部   研究員

村松 容子 (むらまつ ようこ)

研究・専門分野
共済計理人・コンサルティング業務、生保市場調査

レポート

アクセスランキング

【消費者調査にみる医療保険に関する誤情報 ~医療保険に関するクイズ正答率の分析】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

消費者調査にみる医療保険に関する誤情報 ~医療保険に関するクイズ正答率の分析のレポート Topへ