2013年05月31日

「世界の工場」のアジアで、予想外に輸出が低迷している。なぜか?

研究員   高山 武士

文字サイズ

  1. 2012年のアジア新興国・地域を振り返って見ると、日米欧の先進各国の成長率が低迷したことを背景に、アジア新興国・地域では輸出の落ち込みが目立った。2013年は先進国の回復が見込まれているが、予想外にアジア新興国・地域では輸出の回復が見られない。
  2. このアジア新興国・地域の輸出低迷の理由としては、欧州の長引く低迷と、米国の輸入を伴わない回復、(中国を中心にした)一次産品需要の低下などでもたらされていると考えられる。また、現在は顕在化していないものの、今後は円安の影響によって、さらに輸出が鈍化するリスクも孕んでいる。
  3. したがって、アジア新興国・地域自身でこうした状況を打破することは難しく、輸出の回復はこれらの要因の解消を待つ必要があるとも言える。また、今年はこれらの要因の解消は難しいと考えられるため、結果として、アジア新興国・地域の輸出回復は緩慢になるだろう。
  4. ただし、構造変化によって輸出が低迷している可能性も捨てきれない。例えば、比較的所得の低い国で現地調達し、生産するという動きが広がれば、輸出による波及効果を抑制する方向に働く。韓国や台湾では電気電子関連の製品を大量生産し、低コストで販売するという、今まで成長を牽引してきた事業モデルが限界に差し掛かっているという可能性も指摘できる。
  5. こうした構造問題への対応は、アジア新興国・地域自身で取り組まなければいけない問題である。



40771_ext_15_1.jpg

研究員

高山 武士 (たかやま たけし)

研究・専門分野
米国経済

レポート

アクセスランキング

【「世界の工場」のアジアで、予想外に輸出が低迷している。なぜか?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

「世界の工場」のアジアで、予想外に輸出が低迷している。なぜか?のレポート Topへ