2013年05月21日

中国保険市場の最新動向(1)求められる医療・年金改革の実感 -習近平政権は国民の期待に応えられるか-

保険研究部 准主任研究員   片山 ゆき

文字サイズ

■要旨


1-国民が最も注目している問題は「社会保障」
  3月にスタートした習近平政権。政府系ネットの調査によると、新たな体制の下、国民が最も関心を寄せているのは社会保障(問題)である。特に、年金については財政の悪化、支給開始年齢の引上げ、制度の一元化とこれまで放置してきた問題が顕在化している。


2-社会保障(年金)-高まる官民格差への不満
  都市の就労者を対象とした年金制度において、平均受給額はおよそ1700元。それに対して公務員を対象とする制度では9割以上が4000元以上受給しているとされている。公務員が受け取る年金の所得代替率は80~90%と高く、官民格差への不満は高まる一方である。


3-医療改革-国民の厳しい評価
  医療についても年金と同様に大きな関心が寄せられている。中国では2009年以降、医療制度を改革しているが、現時点では国民がそれを実感できていない状態にある。改革の最終期である2020年までにはその成果が国民に伝わることを期待したい。



53_ext_01_0.jpg

保険研究部   准主任研究員

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の保険・年金・社会保障制度

レポート

アクセスランキング

【中国保険市場の最新動向(1)求められる医療・年金改革の実感 -習近平政権は国民の期待に応えられるか-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国保険市場の最新動向(1)求められる医療・年金改革の実感 -習近平政権は国民の期待に応えられるか-のレポート Topへ