2013年05月21日

中国経済:最近の住宅価格の動き ~4月は上昇ピッチやや鈍るも依然として高い

経済研究部 上席研究員   三尾 幸吉郎

文字サイズ

○中国国家統計局が5月18日に発表した70都市の住宅価格の動きを見ると、4月に最も上昇率が高かったのは広州市(広東省)、次いで北京市、第3位は深?市(広東省)と沿海部の大都市が上位に並んだ。一方、下落したのはバブル懸念の強い浙江省の2都市(温州市、寧波市)だった。

○また、昨年5月をボトムに緩やかに上昇し始めた住宅価格は、今年1月には過去最高値(2011年6月)を上回り4月も最高値を更新した。4月の前月比上昇ピッチは依然として1%近い上昇率であり、中国政府は今後も厳しいスタンスで住宅価格の抑制に臨むだろう。不動産規制の強化は経済成長率にマイナスの影響を及ぼすだけに、今後の値動きと政策の行方は要注目である。

このレポートの関連カテゴリ

80_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

三尾 幸吉郎 (みお こうきちろう)

研究・専門分野
中国経済

レポート

アクセスランキング

【中国経済:最近の住宅価格の動き ~4月は上昇ピッチやや鈍るも依然として高い】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国経済:最近の住宅価格の動き ~4月は上昇ピッチやや鈍るも依然として高いのレポート Topへ