2013年05月17日

増税下で底堅さを見せる米経済

  土肥原 晋

文字サイズ

<米国経済の概況>

  • 年初の「財政の崖」合意に伴う実質的な増税や3月に開始された強制歳出削減等は、米国経済に抑制的に作用する。特に、所得面への影響を通じた個人消費の減速が懸念されている。ただし、好調な自動車や年末に掛けての駆け込み的な所得増等を背景に、1-3月期の実質個人消費は同3.2%と伸びを高めた。
  • また、3月の雇用者や小売売上高が減速を見せるなど弱めの指標が続き、景気減速懸念を強めたが、4月の雇用者や小売売上高が回復を見せ、景気の底堅さが再認識されている。
  • こうした背景には、FRBが異例の緩和策を取り景気を下支えしていると共に、株価や住宅価格が持続的な上昇を見せ、加えてガソリン価格の下落等も影響したと見られる。
  • 増税・歳出削減の影響は今後も抑制的に作用しようが、雇用失速の強まる局面ではFRBのさらなる景気テコ入れ策も期待され、米経済の回復基調は維持されるものと思われる。
40744_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

土肥原 晋

研究・専門分野

(2013年05月17日「Weekly エコノミスト・レター」)

レポート

アクセスランキング

【増税下で底堅さを見せる米経済】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

増税下で底堅さを見せる米経済のレポート Topへ