2013年05月15日

債務危機と不況の中ギリシャ生保業界が辿った軌跡 -2010年~2011年の動きを中心に-

保険研究部 主任研究員   松岡 博司

文字サイズ

■要旨

債務危機と深刻な不況に苦しむ2010年~2011年のギリシャでは、生命保険業界も経営不振に苦しんだ。資産運用の中心であったギリシャ国債の暴落は、保険会社の健全性問題を引き起こした。ギリシャ政府は、保険会社が保有する国債の評価に関する特例措置を打ち出したが、中小保険会社の中には経営が悪化するものも現れた。2011年1月には小規模生保会社VDVレーベンが破綻、2010年に設立されたばかりの民間生命保険保証基金が破綻処理を担当した。

このレポートの関連カテゴリ

51_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員

松岡 博司 (まつおか ひろし)

研究・専門分野
生保経営・生保制度(生保販売チャネル・バンカシュランス等、主に日本生命委託事項を中心とする研究)

レポート

アクセスランキング

【債務危機と不況の中ギリシャ生保業界が辿った軌跡 -2010年~2011年の動きを中心に-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

債務危機と不況の中ギリシャ生保業界が辿った軌跡 -2010年~2011年の動きを中心に-のレポート Topへ