2013年05月14日

米国生保市場定点観測(2)米国生保市場のプレイヤーたち -多くの生保会社が存在する市場で統合が進展-

保険研究部 主任研究員   松岡 博司

文字サイズ

米国生保業界には895にも及ぶ多数の生保事業者が存在する。それでも上位グループへの収斂が進展してきた結果、事業者数は減少してきており、895機関の多くは、いずれかのグループに属している。

生保事業者は組織構造別に、生保株式会社、生保相互会社、フラターナル組合に分類できる。生保株式会社が機関数、業績において最大シェアを持つが、生保相互会社、フラターナル組合も、一定のシェアを維持し続けている。

外資系生保会社の参入も進んでおり、特定の外資系企業はトップ10に入る拡大を成し遂げている。

このレポートの関連カテゴリ

51_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員

松岡 博司 (まつおか ひろし)

研究・専門分野
生保経営・生保制度(生保販売チャネル・バンカシュランス等、主に日本生命委託事項を中心とする研究)

(2013年05月14日「保険・年金フォーカス」)

レポート

アクセスランキング

【米国生保市場定点観測(2)米国生保市場のプレイヤーたち -多くの生保会社が存在する市場で統合が進展-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国生保市場定点観測(2)米国生保市場のプレイヤーたち -多くの生保会社が存在する市場で統合が進展-のレポート Topへ