2013年05月07日

5月ECB政策理事会:25bpの利下げとともに流動性対策の継続、信用収縮対策の協議開始を決定

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

欧州中央銀行(ECB)が2日に5月の政策理事会を開催、(1)25bpの政策金利(主要オペ金利)の引き下げ、(2)固定金利・金額無制限の資金供給の継続、(3)信用収縮対策として資産担保証券(ABS)市場の振興策についてEU機関と協議を開始することを決めた。

ECBは、今回の利下げではコリドーの縮小を選択、マイナスの預金金利を回避したが、ドラギ総裁は、「必要な場合、行動する用意はある」、「技術的な準備は出来ている」とし、追加利下げでマイナスの預金金利に踏み込む可能性も排除しなかった。

ECBが、信用収縮と景気後退に歯止めを掛けるためにどのような役割を果たすことになるのか、引き続き注目される。

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【5月ECB政策理事会:25bpの利下げとともに流動性対策の継続、信用収縮対策の協議開始を決定】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

5月ECB政策理事会:25bpの利下げとともに流動性対策の継続、信用収縮対策の協議開始を決定のレポート Topへ