2013年05月01日

中国経済:来週の注目ポイント~「水増し」疑惑が浮上した貿易統計の4月分を発表

経済研究部 上席研究員   三尾 幸吉郎

文字サイズ

○ 中国では、来週8日に4月の貿易統計が発表される。欧米先進国の景気回復は依然として緩やかで、先行指標となる製造業PMI(新規輸出受注)も好不調の境界となる50を挟んで一進一退だが、輸出に先行して動く輸入には改善の兆しもあることから、4月の輸出は1-3月累計の前年同期比18.4%は下回るものの、3月の前年同月比10.0%を若干上回り、前年同月比13.2%と予想している。

○ また、9日には4月の消費者物価が発表される。4月は鳥インフルエンザの影響で鶏肉が値下がりしているのに加え、25日にはガソリン・ディーゼル油も値下げされた。但し、ハクサイが値上がりするなど多くの生鮮野菜が上昇していることから、4月の消費者物価は前年同月比2.3%と予想する。

40709_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

80_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

三尾 幸吉郎 (みお こうきちろう)

研究・専門分野
中国経済

レポート

アクセスランキング

【中国経済:来週の注目ポイント~「水増し」疑惑が浮上した貿易統計の4月分を発表】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国経済:来週の注目ポイント~「水増し」疑惑が浮上した貿易統計の4月分を発表のレポート Topへ