2013年04月23日

保険会社の会計・監督規制と運用戦略を巡るいくつかの議論

  荻原 邦男

文字サイズ

○最近のわが国生保会社のポートフォリオ構成の変化をみると、株式投資が縮小し、国債(とりわけ超長期国債)への投資が増加しているのが特徴である。
これは、一般的には、健全性規制の強化ないしさらなる規制強化を見越したうえでの行動と解説されることが多い。
このことは妥当なのだろうか。こうした観点に立って、保険会社の資産運用と規制との関係に触れた海外の関連レポートのいくつかを紹介したい。

○また、長期投資ファイナンスを推進する必要性をG20が打ち出しているが、これを実現するために、資産の長期性に注目した会計基準、健全性規制を更に工夫すべきとする提言が、有力な政策提言グループから示されている。これらの議論も紹介してみたい。

このレポートの関連カテゴリ

荻原 邦男

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【保険会社の会計・監督規制と運用戦略を巡るいくつかの議論】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

保険会社の会計・監督規制と運用戦略を巡るいくつかの議論のレポート Topへ