2013年04月11日

3月マネー統計~マネタリーベースが急増、投信はプラス圏に急浮上

経済研究部 シニアエコノミスト   上野 剛志

文字サイズ

■見出し

・貸出動向 : 伸び率は順調に拡大中
・マネタリーベース : 既に月額6兆円強の大幅増加
・マネーストック : 投資信託がプラス圏に急浮上

■introduction

4月2日に発表された3月のマネタリーベースによると、日銀による資金供給量(日銀当座預金+市中のお金)を示すマネタリーベース(平残)の伸び率は前年比19.8%と、前月の同15.0%から拡大した。前年比伸び率は東日本大震災直後の2011年4月以来の高い伸びである。日銀当座預金の伸び率が前年比72.2%(前月は同51.2%)に達した影響が大きいが、日銀券発行残高も同3.0%と、3ヵ月連続の3%台を維持している。

また、4月11日に発表されたマネーストック統計によると、市中通貨量の代表的指標である3月のM2(現金、国内銀行などの預金)平均残高の伸び率は前年比3.0%(前月は2.9%)、M3(M2にゆうちょ銀など全預金取扱金融機関の預貯金を含む)は同2.5%(前月は2.4%)と、ともに4ヵ月連続で伸び率が拡大した。また、M3に投信や外債などを含めた広義流動性の伸び率も前年比1.5%(前月改定値は1.4%)と、同じく4ヵ月連続の拡大となった。引き続き通貨量の増加が顕著になってきている。

82_ext_01_0.jpg

経済研究部   シニアエコノミスト

上野 剛志 (うえの つよし)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【3月マネー統計~マネタリーベースが急増、投信はプラス圏に急浮上】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

3月マネー統計~マネタリーベースが急増、投信はプラス圏に急浮上のレポート Topへ