2013年04月11日

企業物価指数(2013年3月)~8ヶ月ぶりに前年比で下落幅が拡大

  押久保 直也

文字サイズ

■見出し

・企業物価指数は前月比で4ヶ月連続の上昇
・交易条件は4ヶ月連続で悪化
・消費財は8ヶ月連続で上昇

■introduction

4月11日に日本銀行から発表された企業物価指数によると、2013年3月の国内企業物価は前年比▲0.5%と12ヶ月連続で下落し、2月の同▲0.1%から下落幅が拡大した。しかし、対前月比では0.1%と4ヶ月連続で上昇した。

国内企業物価(前年比)の下落幅が大幅に拡大した要因としては、為替・海外市況連動型の寄与度が6ヶ月連続のプラスとなったものの、プラス幅が大幅に縮小したことがある。円安の進行に伴い輸入物価が大幅に上昇していることで、指数の水準自体は2月よりも更に高くなっているものの、国際商品市況の上昇に伴い2012年3月の水準が高かったため、前年比での寄与度が2月よりも大幅に低下した。

今後は(1)海外経済が回復していくことで、国際商品市況も上昇していくことが見込まれること、(2)貿易赤字の恒常化、安倍政権による更なる金融緩和への期待感などから円安基調が続くとみられること、から国内企業物価は前月比で上昇が続き、夏頃までには前年比でもプラスに転じるだろう。

押久保 直也 (おしくぼ なおや)

研究・専門分野
日本経済、財政

レポート

アクセスランキング

【企業物価指数(2013年3月)~8ヶ月ぶりに前年比で下落幅が拡大】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

企業物価指数(2013年3月)~8ヶ月ぶりに前年比で下落幅が拡大のレポート Topへ