2013年04月11日

中国経済:来週の注目ポイント~8%成長への復帰はなるか?など3つの注目点

経済研究部 上席研究員   三尾 幸吉郎

文字サイズ

○ 中国では、来週15日(月)に1-3月期の国内総生産(GDP)が発表される。中国経済は海外経済の低迷や内需の不振を受けて長らく減速傾向にあったが、昨年10-12月期の実質GDP成長率が前年同期比7.9%と前四半期の同7.4%を上回るなど、昨年後半には景気回復が鮮明になってきた。年明け後の統計を見ると、消費は勢いに欠けるものの輸出・投資を牽引役に回復基調を維持しており、今回発表される1-3月期は8%程度と前四半期をやや上回ると予想している。

○ また、今回の発表では、「前期比で2%以上の成長が持続するか」、「第三次産業が第二次産業の伸びを上回るか」の2つのポイントにも注目したい。

40661_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

80_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

三尾 幸吉郎 (みお こうきちろう)

研究・専門分野
中国経済

レポート

アクセスランキング

【中国経済:来週の注目ポイント~8%成長への復帰はなるか?など3つの注目点】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国経済:来週の注目ポイント~8%成長への復帰はなるか?など3つの注目点のレポート Topへ