2013年04月05日

本格始動後10年が経過したわが国の保険商品銀行窓販 -特定の商品では極めて大きな販売シェアを獲得

保険研究部 主任研究員   松岡 博司

文字サイズ

■見出し

1――保険商品銀行窓販の歴史
2――銀行窓販のシェアの動向
3――銀行窓販の主たる販売商品
4――商品別の銀行窓販シェア
5――銀行窓販の課題
6――さいごに


■introduction

今日では銀行店舗に個人年金や保険のポスターが貼られていても何の違和感もないが、90年代当時は、銀行で個人年金や保険が買えるなんて想像もつかない、というような状況だったものだ。

2002年10月に保険の銀行窓販が本格開始されてから、はや10年が経過した。本稿では、わが国における保険銀行窓販の状況を簡単にまとめることとしたい。なお銀行による保険販売は必ずしも銀行店舗においてのみ行われるわけではないが、わが国では銀行による保険販売全般を銀行窓販と呼んでいる。

このレポートの関連カテゴリ

51_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員

松岡 博司 (まつおか ひろし)

研究・専門分野
生保経営・生保制度(生保販売チャネル・バンカシュランス等、主に日本生命委託事項を中心とする研究)

レポート

アクセスランキング

【本格始動後10年が経過したわが国の保険商品銀行窓販 -特定の商品では極めて大きな販売シェアを獲得】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

本格始動後10年が経過したわが国の保険商品銀行窓販 -特定の商品では極めて大きな販売シェアを獲得のレポート Topへ