2013年04月02日

年金改革ウォッチ:2013年4月 ~ポイント解説:公的年金財政の枠組み

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   中嶋 邦夫

文字サイズ

1 ―― 先月までの動き
 精力的に開催されている社会保障制度改革国民会議は、今後の進め方を検討し、当面は高齢者医療制度等の「介護・医療」を中心とした議論を進めることになりました。
 また年金記録問題への対応として、社会保障審議会に新たに「年金記録問題に関する特別委員会」が設置され、初会合が開催されました。

2 ―― ポイント解説:公的年金財政の枠組み
 先月末の社会保障審議会年金数理部会では、2011年度の公的年金全体の財政状況の分析結果が報告されました。そこで今回は、分析結果を見る前提となる公的年金財政の枠組みを解説します。先日の分析結果をみるためだけでなく、昨夏に法案が成立した被用者年金の一元化やマクロ経済スライドの今後を理解するためにも、財政構造の理解は重要です。

52_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

中嶋 邦夫 (なかしま くにお)

研究・専門分野
公的年金財政、年金制度

レポート

アクセスランキング

【年金改革ウォッチ:2013年4月 ~ポイント解説:公的年金財政の枠組み】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年金改革ウォッチ:2013年4月 ~ポイント解説:公的年金財政の枠組みのレポート Topへ