2013年03月28日

持ち家から賃貸に住み替えたアクティニア、その実態 ―アクティニアの住み替え誘導が、地域再生の担い手へと導く―

社会研究部 准主任研究員   塩澤 誠一郎

文字サイズ

■見出し

1――はじめに
2――アクティニアの住み替え実態
3――アクティニアが関心を寄せる仕事以外の活動
4――アクティニアのニーズに応じた住み替え誘導が、アクティニアを地域再生の担い手へと導く

■introduction

「元気で生活にある程度ゆとりがあり、知的好奇心を持って自立した生活を送っている行動的な高齢者」と定義したアクティニア(アクティブなシニアの造語)であるが、今回実施した調査研究から、同じアクティニアでも、年齢や所得の状況によって、やや異なる傾向があることが浮き彫りになった。
そこからは、持ち家から、年齢や所得の状況に応じて、適度な広さで手ごろな家賃の賃貸住宅に住み替えながら、趣味や娯楽以外に、地域活動や社会貢献活動に取り組んで、自己実現を図るというイメージを描くことができる。
アクティニアを地域再生の担い手とするならば、アクティニアのニーズに応じた住み替えの誘導が政策テーマとしてクローズアップされてくるのである。

64_ext_01_0.jpg

社会研究部   准主任研究員

塩澤 誠一郎 (しおざわ せいいちろう)

研究・専門分野
都市・地域計画、土地・住宅政策、文化施設開発

レポート

アクセスランキング

【持ち家から賃貸に住み替えたアクティニア、その実態 ―アクティニアの住み替え誘導が、地域再生の担い手へと導く―】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

持ち家から賃貸に住み替えたアクティニア、その実態 ―アクティニアの住み替え誘導が、地域再生の担い手へと導く―のレポート Topへ