2013年03月25日

欧州ソルベンシーIIの動向 -長期保証契約への影響度調査を実施中

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   安井 義浩

文字サイズ

■見出し

1――長期保証契約への影響度調査の概要
 1│これまでの動向
 2│今回調査の概要
2――試算の内容
 1│金利シナリオの「緩和」要素
3――おわりに 今後のスケジュールなど

■introduction

欧州ソルベンシーIIの現状であるが、昨年9月に予定されていたオムニバスIIの議決はその後2回の延期を経て、2013年10月に予定されているところである。それに応じて基準の導入時期も2015~2016年以降になりそうだとの観測もでてきた。これまで5回の定量的影響度調査が行われてきたところであるが、その中で、欧州では金利低下などの経済状況により、特に長期保証契約の負債評価への影響が懸念されるようになってきた。今回行われているのは長期保証に対してどんな割引率を用いるとどの程度の影響がでるのか、その定量的な調査である。





 
   保険・年金フォーカスは、これまで毎週原則月曜日に発行してまいりましたが、4月からは原則毎週火曜日の発行となります。今後とも、保険、年金に関する国内外の情勢などのトピックスをお届けしてまいりたいと考えております。
引き続きご愛読のほど、よろしくお願いいたします。
(ニッセイ基礎研究所 保険研究部門)

このレポートの関連カテゴリ

27_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

安井 義浩 (やすい よしひろ)

研究・専門分野
保険会計・計理、共済計理人・コンサルティング業務

レポート

アクセスランキング

【欧州ソルベンシーIIの動向 -長期保証契約への影響度調査を実施中】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州ソルベンシーIIの動向 -長期保証契約への影響度調査を実施中のレポート Topへ