2013年03月21日

3月FOMC、現行政策維持を決定~資産購入の変更は効果とコスト次第

  土肥原 晋

文字サイズ

3/19・20開催のFOMCでは、現行緩和策の据え置きを決定、これに伴い、現行緩和策の中心を成す「資産購入策」と「ゼロ金利政策及びそのフォワードガイダンス」とは、1月に続いて維持されることとなった。また、「労働市場が十分に回復するまで資産購入を続ける」とした声明文の文言も維持された。バーナンキ議長は記者会見で、資産購入のコストについて様々な意見があり、「金融緩和の効果とコストの見方が変われば、資産購入のペース変更は可能」としながらも、今回FOMCでは「購入ペース変更の必要はないと判断した」としている。なお、ゼロ金利政策については、失業率が6.5%を上回り、1~2年先のインフレ見通しが2.5%以内にあるうちは継続される。なお、前回同様、一委員が反対票を投じたものの、資産購入の早期の縮小・停止論が遠のき債券・株式市場とも買いが優勢となっている

土肥原 晋

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【3月FOMC、現行政策維持を決定~資産購入の変更は効果とコスト次第】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

3月FOMC、現行政策維持を決定~資産購入の変更は効果とコスト次第のレポート Topへ