2013年03月11日

欧州経済見通し-中核国にも広がる景気格差-

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

  1. 2月総選挙後のイタリアの新たな政権の枠組みは未だ確定していなものの、域外経済の回復期待も支えとなり、ユーロ圏の金融市場は昨年のような緊張の高まりを免れている。
  2. 2013年入り後のユーロ圏景気の下げ止まりの兆しはもっぱらドイツが牽引しているもので、過剰債務と構造改革の圧力を受けている過剰債務国だけでなく、中核国でもフランスやオランダなどの回復が遅れている。
  3. 13年後半の緩やかな回復が見込まれるが、12年10~12月期の大幅マイナス成長でスタート台が低いため、年間の成長率は前年比マイナス0.3%と2年連続のマイナスとなる。
  4. ECBは少なくとも14年末までは固定金利・金額無制限の資金供給と政策金利の据え置きを継続する。景気回復軌道の復帰を確認するまでは追加利下げの協議も継続しよう。
  5. イギリスも財政緊縮策とユーロ圏の停滞の影響などから、13年も前年比0.8%と低成長が見込まれる。BOEの追加緩和期待からポンド安基調も続きそうだ。



40586_ext_15_1.jpg
43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【欧州経済見通し-中核国にも広がる景気格差-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州経済見通し-中核国にも広がる景気格差-のレポート Topへ