2013年03月04日

年金改革ウォッチ:2013年3月~ポイント解説:日本経団連の方針変更

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   中嶋 邦夫

文字サイズ

1 ―― 先月までの動き
 厚生年金基金制度に関する専門委員会は、厚生労働省試案についての最終的な審議を行い、意見書を提出しました。今後、法改正案が国会に提出される見込みです。
 会議の設置期限が残り半年となった社会保障制度改革国民会議は、先月は2度開催されました。経済団体や労働組合、地方自治体の長などとヒアリング・意見交換しました。

2 ―― ポイント解説:日本経団連の方針変更
 先月の社会保障制度改革国民会議では2回にわたって諸団体が意見を述べ、新聞では、議論が進んでおらず時間稼ぎではないかといった政局がらみの記事が多く見られました。
 しかし、意見の内容に目を向けると、多くの団体が従来の主張を繰り返している中で、日本経団連が一体改革の検討時とは意見を変えていることが注目されます。

52_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

中嶋 邦夫 (なかしま くにお)

研究・専門分野
公的年金財政、年金制度

レポート

アクセスランキング

【年金改革ウォッチ:2013年3月~ポイント解説:日本経団連の方針変更】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年金改革ウォッチ:2013年3月~ポイント解説:日本経団連の方針変更のレポート Topへ