2013年03月01日

インド10-12月期GDP:前年同期比+4.5%~ついに成長率は5%を下回る水準に

研究員   高山 武士

文字サイズ

■見出し

・成長率はかなり低い
・政策運営の舵取りが難しい状況に

■introduction

インド中央統計機構(CSO)は2月28日に2012年10-12月期の国内総生産(GDP)を公表した。実質GDP成長率(供給側)は前年同期比4.5%の増加となり、7-9月期の同+5.3%から減速、5%割れの水準まで低下した。
10-12月期の成長率を供給側から見ると、第一次産業は7-9月期とほぼ同じ伸び率、第二次産業では7-9月期の伸び率をやや上回ったが、第三次産業が低迷したために成長全体としては減速したことが分かる。ただし、第二次産業もシェアの高い製造業の伸び率は前年同期比+2.5%であり、依然として低水準にとどまっている(7-9月期は同+0.8%)。第三次産業については、小売・ホテル・運輸・通信が前年同期比+5.1%(7-9月期は同+5.5%)、金融・保険・不動産・事業サービスが同+7.9%(7-9月期は同+9.4%)、公共サービスが同+5.4%(7-9月期は同+7.5%)といずれも7-9月期より低下した。結果として、第三次産業の成長率への寄与度は7-9月期の4.4%ポイントから10-12月期は3.4%ポイントとなり、1.0%ポイントも低下した。
なお、実質GDP成長率を支出側から見ると(図表2)、内需に関しては消費が前年同期比+4.2%(7-9月期は同+2.9%)、投資が同+6.0%(7-9月期は同▲1.0)となり、いずれも改善した。一方で、輸出は前年同期比▲2.1%と7-9月期(同+5.2%)からマイナス成長に転じている。ただし、輸入も前年同期比▲0.3%と7-9月期(同+13.8%)から大幅悪化したため、純輸出の成長への寄与は7-9月期の▲3.4%ポイントから10-12月期は▲0.4%ポイントと改善した。支出側では改善も見られたものの、成長率の水準は依然として低いと言える。

このレポートの関連カテゴリ

研究員

高山 武士 (たかやま たけし)

研究・専門分野
米国経済

レポート

アクセスランキング

【インド10-12月期GDP:前年同期比+4.5%~ついに成長率は5%を下回る水準に】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

インド10-12月期GDP:前年同期比+4.5%~ついに成長率は5%を下回る水準にのレポート Topへ