2013年03月01日

企業価値評価から考える年金運用の在り方 ~あらためて基本に立ち返って考える~

金融研究部 年金総合リサーチセンター 企業年金調査室長   梅内 俊樹

文字サイズ

昨今、確定給付型企業年金を維持・運営するための母体企業の負担の増大が懸念されている。こうした中、確定給付型企業年金の本来の導入意義を見直し、制度の持続可能性を高める上でも、キャッシュフロー・マッチングという基本に立ち返って、年金運用を再考する必要がある。

このレポートの関連カテゴリ

78_ext_01_0.jpg

金融研究部   年金総合リサーチセンター 企業年金調査室長

梅内 俊樹 (うめうち としき)

研究・専門分野
リスク管理、年金運用

(2013年03月01日「ニッセイ年金ストラテジー」)

レポート

アクセスランキング

【企業価値評価から考える年金運用の在り方 ~あらためて基本に立ち返って考える~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

企業価値評価から考える年金運用の在り方 ~あらためて基本に立ち返って考える~のレポート Topへ