2013年03月01日

「すてる」と「つくる」をつなぐ仕事-アップサイクルによるモノづくりと、まちづくり

社会研究部 准主任研究員   塩澤 誠一郎

文字サイズ

■見出し

1――アップサイクルによるモノづくり
2――「すてる」と「つくる」をつなげる事業者の取り組み
3――アップサイクル5つの側面
4――アップサイクルとしてのまちづくり

■introduction

廃棄されたものを再資源化して、再製品化することがリサイクルであるが、同じリサイクルでも、元の状態より価値を高めて再製品化することをアップサイクルと言う。このアップサイクルによるモノづくりに取り組むクリエイターや企業が増え始めている。
こうした中、廃棄された物を素材にして、クリエイターに提供する事業者が現れている。言わば「すてる」と「つくる」をつなぐ機能である。これが新しいモノづくりへの挑戦を促していく。
アップサイクルが持つ側面は、モノづくりに限らない視点を提供してくれる。視点を広げれば、地域社会のまちづくりにもそのまま当てはまるのである。言わば地域社会のアップサイクルである。

このレポートの関連カテゴリ

64_ext_01_0.jpg

社会研究部   准主任研究員

塩澤 誠一郎 (しおざわ せいいちろう)

研究・専門分野
都市・地域計画、土地・住宅政策、文化施設開発

レポート

アクセスランキング

【「すてる」と「つくる」をつなぐ仕事-アップサイクルによるモノづくりと、まちづくり】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

「すてる」と「つくる」をつなぐ仕事-アップサイクルによるモノづくりと、まちづくりのレポート Topへ