2013年02月08日

Grexit(グリグジット)からBrexit(ブリグジット)へ-想定される英国のEU離脱のプロセス-

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

  1. キャメロン首相が15年の時期総選挙で勝利した場合、加盟条件に関するEUとの調整を行った上で、17年末までにEU残留の是非を問う国民投票を行う方針を表明した。
  2. キャメロン演説の狙いは、(1)EUに懐疑的な党内勢力の懐柔、(2)支持率の回復、(3)統合深化が進むEUから特別な加盟条件を引き出すことにある。キャメロン首相の想定は、次期総選挙で勝利し、英国の国益にかなう新たな条件でEU加盟国として単一市場に留まるというシナリオである。
  3. 英国民はEUに懐疑的とされるが、国民投票が現実味を帯びるに連れ、世論調査のEU離脱支持率は低下している。EUとの交渉である程度の成果が得られれば、国民投票が残留支持多数という想定通りの結果となる可能性は高まる。だが、交渉が内容・スケジュールとも英国の思い通りに進まず、先行き不透明感から投資の不振がさらに長引き、EUへの不満が拡大、残留不支持多数となるリスクは軽視できない。
  4. 不支持多数の場合、EUに離脱の意思を告知、離脱協定の交渉が始まるが、その内容や締結に要する時間は現時点では予測できない。



40496_ext_15_1.jpg
43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

(2013年02月08日「Weekly エコノミスト・レター」)

レポート

アクセスランキング

【Grexit(グリグジット)からBrexit(ブリグジット)へ-想定される英国のEU離脱のプロセス-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

Grexit(グリグジット)からBrexit(ブリグジット)へ-想定される英国のEU離脱のプロセス-のレポート Topへ