2013年02月01日

短期志向を克服する開示力の革新

一橋大学大学院商学研究科   加賀谷 哲之

文字サイズ

証券市場における短期志向が、経済発展を抑制しつつあるという懸念が世界的に広がりつつある。こうした問題を克服するためには、投資家と企業経営者の間に発生しつつあるコミュニケーション・ギャップを解消することが不可避であり、開示力に対する投資家の評価がそれを変えるトリガーとなる。

一橋大学大学院商学研究科

加賀谷 哲之

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【短期志向を克服する開示力の革新】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

短期志向を克服する開示力の革新のレポート Topへ