2013年01月15日

12月マネー統計~ついに都銀の貸出残高が底入れ

経済研究部 シニアエコノミスト   上野 剛志

文字サイズ

■見出し

・貸出動向 : 都銀の前年比プラスは3年2ヵ月ぶり
・マネタリーベース : 過去最高を更新
・マネーストック : 広義流動性の伸び率が高まる

■introduction

日銀が1月11日に発表した昨年12月の貸出・資金吸収動向等によると、銀行貸出(平残)の伸び率は前年比1.4%となった。1%超えは5ヵ月連続で、伸び率は09年10月以来の高水準となる。引き続き電力会社やM&A向けが牽引した模様。
業態別の内訳は、地銀(第2地銀を含む)が前年比2.5%、都銀等が同0.3%となった。地銀に遅れること1年半で、都銀等もようやくプラス化した。リーマン・ショック後の資金需要急増が一段落した後、長らくマイナスに陥ってきた都銀等の貸出残高であるが、3年2ヵ月ぶりにプラス化を果たしたことは明るい材料である(図表1~4)。
なお、東日本大震災の被災地での貸出も増勢が強まっている。福島県はまだ弱含んでいるものの、岩手県(前年比8.1%増)、宮城県(同6.7%増)はともに全国平均の伸びを大きく上回っている。復興に伴う資金需要が伸びている可能性があり、動向が注目される(図表5)。

82_ext_01_0.jpg

経済研究部   シニアエコノミスト

上野 剛志 (うえの つよし)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【12月マネー統計~ついに都銀の貸出残高が底入れ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

12月マネー統計~ついに都銀の貸出残高が底入れのレポート Topへ